MENU

テリワンSP買いました 評価と感想

「テリーのワンダーランドSP」とはDQMシリーズの原点であるテリワンを3DS版の仕様をベースにスマホ向けに移植した作品です。

私はオリジナルであるGB版、そのリメイクであるPS版、前2作と大きく仕様が変わった3DS版をすべてプレイしているテリワン大好き人間。

当然スマホ版であるSPも購入し、追加要素である黄金郷がどういったものなのか見えてくる段階までは遊びました。

スマホ版の追加要素と3DS版からの変更点を中心にレビューします。

スポンサーリンク  

※11/19追記 

テリワン初プレイの方向けの記事を更新しました!

オリジナル版未プレイで購入を検討している方はこちらも参考にどうぞ!

【ネタバレ無し】テリーのワンダーランドSPの評価と感想 ゲーム性や操作感を解説!スマホで3DRPGできるの? - A級機関

 

 追加要素と3DS版からの変更点

1.黄金郷

新ダンジョンとして「黄金郷」が追加されました。

各ダンジョン毎に存在し、最下層からさらに進む形での攻略となります。

黄金郷の最下層では3DS版で配布限定だったモンスターやDQ11のモンスター、新たにSPで追加されたモンスターが登場し、倒すことで仲間になります。また、通常のスキル枠に追加する形で習得する「口伝」という特殊なスキルの書を入手することができます。

SPではプレゼント対戦が廃止されているのでその救済的な面もあるのかと思われます。

2.オート戦闘、らくらく冒険

オート戦闘をオンにすると、雑魚敵とエンカウント後コマンド入力を行うタイミングで戦闘が終了します。基本的には勝つことができ、勝った場合HPやMPの消費はありません。

らくらく冒険は1時間に1回使用することができ、クリアした扉を自動的に攻略することで経験値、ゴールド、アイテムを入手することができます。また、その扉に出現するモンスターを1匹スカウトします。

f:id:puni_poke:20181120020651p:plain

スポンサーリンク  

3.オンライン他国マスター

1日1回、ランダムに10人のプレイヤーデータを取得し、リアルタイムではありませんが対戦をすることができます。勝利することで相手のモンスターを1匹入手できます。

ID入力を行うことで特定のプレイヤーと対戦することも可能です。

4.気になった細かい変更点

・ゴール草を使用する際に個数指定が可能になりました。(3DS版では1つずつしか使用できなかったので入力が煩わしかったのですが、これにより目的の階層へ瞬時に到着することが可能になりました。)

・DQHやDQ11のモンスター追加。

・画面サイズ、戦闘UIがスマホで遊びやすく工夫されています。片手親指のみで問題なくプレイできました。バッテリーや時刻が表示されている点も好印象。

・オートセーブ機能追加。後述しますが親切すぎて少し厄介な一面も。

・戦闘速度2倍追加。

・リアルタイム対戦、モンスター交換の廃止。

・強者の余裕などのデメリット特性廃止。(3DS版では強力な特技を覚えるためには取らざるを得ませんでした。)

・同種族でもステータスに差が発生。(ポケモンで言う個体値)

不満点

・オート戦闘で敗北した場合は即全滅扱い

基本的に負けないのですがいきなり全滅になるのは少し気になりました。スタンバイに交代という形で良かったのでは...?とはいえ即アプリ落とせば戦闘前の状態でオートセーブされているのですが。

 

・オートセーブを解除できない

階層が変わるたびにオートセーブされるため、ゴール草をつぎ込んで他国マスターを粘り、出現しなかった場合はリセットして消費をなかったことにする、という手段が取れません。設定で解除できても良かったかと。

めぐりあいの扉で特定のモンスターを厳選することができなくなった点はかなりの改悪といえます。

 

・リアルタイム対戦の廃止

せっかく追加要素として黄金郷でスキルを拡張できたり、個体値によるステータスの差があったりすることでカスタマイズ要素が充実しているにもかかわらず、力を存分に発揮できる対戦の場が無いことは残念でした。(要望が多ければ検討するらしいですが)

 

・オンライン他国マスターでのモンスター強奪システム

入手困難なSSランク、配合ツリーの頂点であるゼメルギアスも仲間にできます。

※11月21日追記 

テリワンSPではゼメルギアス以降の配合先が追加されていました。

※11月23日追記 ver.1.0.1アップデートにて、オンライン他国マスターから入手したモンスターがSSランクの場合は、モンスターではなく「にじのタマゴ」もしくは「きんのタマゴ」を入手するように変更されました。

 

・黄金郷

長期的なやりこみ要素との触れ込みでしたが、蓋を開けてみれば解放が1日1つまでという制限で間延びさせているだけのように感じました。黄金郷に惹かれて購入した部分はあったので残念でした。

 

感想

らくらく冒険が稼ぎとして非常に優秀。ラスダンで使うと約7万ゴールド回収でき、片手間で遊ぶ程度ならこれだけでも十分稼げます。本気で金策するならメタキン狩りでしょうか。

オート戦闘も当初は抵抗がありましたが、今では手放せない要素となっています。攻撃力が低くてもメタル狩れるのが本当に楽ですし、何よりテンポが良いです。

不満点こそあったものの、追加要素にはおおむね満足しており、スマホアプリらしくちょっとした空き時間でも遊びやすい作品に仕上がっています。2400円なのでソシャゲの10連ガチャを回すくらいなら購入を検討してみてはいかがでしょうか。