MENU

【DQMSL】ラプエビプリマジンガの特技構成について【GP考察】

魔王上方修正で若干影を潜めた感じはしますが、まだまだ現役のラプソーンテンプレパ。

彼らの特技構成について考察します。

ラプソーン

f:id:puni_poke:20190310231225p:plain

3体の中で最も早く行動し、神々で仁王立ちを粉砕するのがラプソーンの役目です。エビプリとマジンガは1ターン目に素早さバフがかかるため、逆に2ターン目は最も遅く行動することになります。

2度目の行動前に倒されてしまうこともあるため、先制で味方の火力を盛ることのできる盲信のかくせいは必須技でしょう。

闇の結界についても、ドレアム入りに対する安定択となるため、外すことは出来ません。

暗黒神掌も構えたドレアムやエスタークに対して打ちたいため欲しいですが、それ以上に結界と盲信が優秀、といったところです。

エビプリ

f:id:puni_poke:20190310231233p:plain

他の2体が相手のパーティを丸裸にした後に、カオスストームで場を荒らすのがエビプリの役目です。

私と同じ特技構成のエビプリを使っている方はいないんじゃないかと勝手に思っています。

まず、カオスストーム以外の攻撃技を打つ事は無いため、引き継ぎ特技であるマヒャデドスは必要ありません。

このゲームにおける体技予測の価値は非常に高く、枠も空いているエビプリにとっては脳死で採用する価値のある特技です。ドレアムのオーラをやり過ごせることはもちろん、最近であれば竜王の咆哮、ガオガイヤのラッシュブロウにも有効です。

特にガオガイヤに関しては、AIガンガンで動かす方も多いので、ただ体技予測をするだけでラッシュブロウを封殺できる点は強力です。

残り2枠に採用すべき特技は、カオスストームも体技予測も打つ必要のない場合に使う特技となります。

個人的にオススメしたい特技が「ピオリム」です。ゾーマやマジンガ、バルボロスのバフ剥がしを凌げないと判断した試合では、マジンガブレードゼロ、エビプリピオリムと命令することで、2ターン目に素早さを逆転した状態を作ることができます。この展開であればラプソーンが2ターン目に先手を取れる点も大きいです。

他に覚えているモンスターがいないのであれば、マインドバリアもアリでしょう。

案外、1ターン目にカオスストームを打たなくても良い試合は多いので、パーティの穴を埋めさせるのがベストです。レア卵であれば、タップダンスも強いと思います。

斬撃予測を覚えさせている理由については後述します。

マジンガ

f:id:puni_poke:20190310231240p:plain

ラプソーンが相手の仁王立ちを突破した後に、ブレードゼロで相手のバフを剥がすことがマジンガの役割です。上手く3ターン目まで生き残ることができれば、力溜め+バイキルトで相手を壊滅させることも可能です。

殆どの試合で1、2ターン目にブレードゼロ、3ターン目はパニックラッシュを打つことになります。この2つの特技で完成している面も強く、残り2枠の特技は勝てないパーティに勝つための特技というわけではなく、勝てる試合を確実に勝ちに行くための特技を採用することが望ましいです。

採用率も高く、私もオススメの特技が「つるぎのまい」です。体技予測をケアするための特技ですね。

ラスト1枠は何でもいいと思いますが、レア卵を使う覚悟があるのであれば、体技予測や斬撃予測がおすすめです。

体技予測はエビプリとそれと同様、自身のバフを守りきるために使い、斬撃予測はラーハルト対策の特技となります。私が覚えさせている理由はもう一つありますが...

おまけ 狂気の3体予測

ラプソーンの闇の結界、エビプリ、マジンガの斬撃予測を組み合わせて何ができるか、それは...

f:id:puni_poke:20190310231247p:plain
f:id:puni_poke:20190310231217p:plain

速攻パのマジンガ対策です。

このパーティが速攻パと対峙した際は、反射技や身代わりを用いて凌ぎ切ることになりますが、どうしても無理な試合もあります。

例えばこの相手であれば、仁王立ちをすれば絶望の大鎌+ブレードゼロでスラキャンが落ちてしまいます。かといって身代わり+闇の結界+ピオリムと選択しても、ジェスターがスターフレアを選択してきてしまった場合はラプが落ちてほぼ負けとなってしまいます。

大樹さえ残せれば...それを可能にするのが3体での斬撃予測です。この相手であればネルゲルも落とせます。

ブレードゼロはオーラや虚無と違い、全体斬撃の後に凍てつく波動の判定が行われるため、ただ反射するだけではバフを剥がされてしまいます。

3体の反射で落としきることで、大樹を含めた全員のバフを守り切ることができるため、ジェスターがスターフレアを打ってこようと、ガオガイヤのラッシュブロウの当たり所がどんなに悪かろうと、耐えきれるというわけです。