MENU

【DQMSL】竜王杯結果 S以下GPはオムドで決まり!

というわけで竜王杯が終了しました。

竜王杯自体は復刻開催でしたが、私は初参加だったので竜王の杖作成はもちろん、最終週でカイザー☆2(竜王☆2)に到達してマスターメダルを回収することが目標でした。

極めし者、十傑称号などを狙わない限りは今月のGPをそれ以上やる必要はないですからね。

竜王杯結果&使用パーティ

f:id:puni_poke:20190401161303p:plain
f:id:puni_poke:20190401161256p:plain

総ポイント 16100

順位 2311位

最終週以外はりゅうおう☆3まで上げた後は潜らず、デイリー消化のみに留めました。

最終週は苦戦しながらも竜王☆2まで上げ、その後は潜りませんでした。

f:id:puni_poke:20190401161311p:plain
f:id:puni_poke:20190401161252p:plain

基本的には普段から使い込んでいるラプエビマジンガを中心に使用しました。ウェイトに応じてヴォルカをウルスラ、スラキャンをクジラに変更しています。

装備はラプのS爪とマジンガの昇天ヤリは固定で、残りはウェイトに応じて仁王に体技盾を持たせるなどして調整していました。

SSランク1体制限の週はSS枠にオムドを添え、ダースガルマ、メルトア、サイキャドラメタで確実に相手を無力化できる構成にまとめました。メルトアを確実に動かしたかったので、王者の剣を装備させています。

このパーティはそれなりに出来が良かったようで、りゅうおう帯での勝率は80%を超えていました。(あくまで☆3昇格+デイリー分のみなので、本格的にポイントを積みに行ったわけではないですが...)

最終週では災厄の王とヘルゴラゴの新生転生が実装されました。ラプエビマジンガを使う側としては、最終週でよく見かけた、災厄竜王マジンガヴォルカ宵闇、のようなパーティにはかなり有利を取れるといった印象です。(相手に盾剥がしがいないため、大樹+仁王が安定します。鉄槌のマインドがエビプリに入ると面倒ですが。)

魔獣パに関してはアルシオンは体技、ゴラゴは斬撃でバフ剥がしをしてくる点が厄介で、通常の特技構成では勝つのは厳しい相手だと感じました。

マジンガに身代わりをし、2ターン目の盲信パニクラに全てを託すのがベストかなという印象です。

私はエビプリとマジンガに斬撃予測を採用していて、それが図らずもゴラゴ対策となっていてラッキーでした。

斬撃予測の採用意図についてはこちらに記載しています。

www.puni-perpetual.com

創造神杯について

来月の魔王杯ではマデサの装備が実装されるようですね。

私はマデサ未所持なので、残念ながら今回も直接的な戦力強化にはなりません。マデサは現状でも強力な魔王なので、それが専用装備によって強化されるとより厄介になりそうです。

ルールを確認したところ、ラプエビマジンガにとってはかなり厳しい一ヵ月になりそうです。そもそも使える週が限られていますし、使用できる週は魔王強化実装時のような大怪獣バトルになることが予想されます。

ラプソーンに限らず、既存の強力なパーティが軒並み封殺されている創造神杯。とりあえず1週目はドラパや魔獣パが大暴れしそうですが、どうなることやら。