MENU

【ゼルダ×ネクロダンサー】ケイデンス・オブ・ハイラル クリアしたので感想とか

2019年6月14日にリリースされた「ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat.ゼルダの伝説」を早速2週クリアしたので評価と感想を書きます。

結論から申し上げるとネクロダンサー、ゼルダの伝説双方の魅力が上手く合わさった非常に面白い一作でした。

 

基本情報

プラットフォーム:ニンテンドースイッチ

価格:2980円

ジャンル:アクション

公式サイトにはアクションと記載されていますが、実際は風来のシレンやトルネコの大冒険のような「ローグライク」にリズム要素を加え、さらにゼルダの伝説特有の謎解きやフィールド探索要素を落とし込んだといったところでしょうか。

2作品を融合させたゲームシステム

f:id:puni_poke:20190615162813p:plain

画像は公式サイトより

システムのベースとなっているのは「ネクロダンサー」。とはいえ馴染みのない方も多いかと思うので軽く説明すると、

 

基本的には不思議のダンジョンと同様ですが、BGMのリズムに合わせてキャラクターを操作する必要があります(こちらがビートに合わせて操作できなかった場合は1ターン飛ばされる。)

ビートによって従来のローグライクとは異なり、瞬時な判断が求められるため新鮮なゲーム体験を実現していると感じました。

これだけ聞くと難しく感じるかもしれませんが、敵は必ず規則に従って行動しているため、行動パターンを把握することが出来ればほとんどのモンスターをノーダメージで倒すことが可能です。

また、ビートアクションが難しい場合は設定で削除することも可能です。この場合は従来のローグライクと同じ仕様となります。

f:id:puni_poke:20190615165244p:plain
f:id:puni_poke:20190615165235p:plain


これに対して「ゼルダの伝説」側の要素は謎解きやフィールド探索、シナリオ構成に色濃く反映されていると感じました。

本作はフィールド上に点在する4つのダンジョンを攻略して楽器を集め、その後ラストダンジョンに挑むといった流れとなっており、これはゼルダの伝説シリーズではお馴染みの構成です。

4つのダンジョンはどの順番からでも攻略可能で、この辺りは初代ゼルダを彷彿とさせています。

フィールドマップではヒビの入った壁をバクダンで壊したり、ブロックを押して高所に上ったりと(高さの概念があることもポイントです。)2Dゼルダらしさが沢山散りばめられています。

また、ダンジョンやフィールドはランダムで生成されており、ゼルダの雰囲気を壊さない範囲でリプレイ性の高いゲームを実現していると感じました。

評価点

「ゼルダらしさ」を尊重

探索でルピーを集めて買い物して妖精を瓶に詰めて...と、ありとあらゆる所にゼルダの伝説を感じました。

謎解きに関してはビートを維持しながら考えることになるので難しすぎず、でも簡単すぎない程度のバランスになっています。恐らく解き方も色々あるようで、ソマリアの杖でブロックを出して...といった方針で謎が解けたときは2Dゼルダと変わらない快感を得られました。

当初はゼルダの伝説の外伝的な認識でしたが、これはもう2Dゼルダの1作に含めてもいいと言っても過言ではないかと思います。

高品質のアレンジBGM

プレイヤーがビートを刻むことになるBGMのほぼ全てがゼルダの伝説に登場したもののアレンジとなっています。グラフィック的に神トラの曲ばかりなのかと思っていましたが、タルタル山脈、サリアの歌、ゲルドの谷など他作品のものも多いです。

どれも質の高い良アレンジとなっていて、気持ちよくゲームをプレイすることができました。

リプレイ性の高さ

毎回違ったマップ構成、アイテムの引きになるため、一度クリアしても何度でも遊びたくなる作りになっています。

また、ゲーム側で短時間クリアや低ビートクリアなどの番付が行われているので、今後TAなどのやり込みプレイが盛んになるのではないかと予想しています。

一度力尽きたらゲームの初めからやり直しになる「ハードコア」モードも完備。

不満点

難易度がやや低め

本作には強力な武器が数多く登場し、中でも射程2の「槍」広範囲同時攻撃の「フレイル」は非常に強力です。

妖精の泉でチタン化して攻撃力を2に上げれば無双状態。さらに空き瓶に薬や妖精を詰めれば想定外の事故もリカバリーしやすくなりゲームオーバーになることはほぼなくなってしまいます。

ただし、序盤はゲームに慣れていないことも相まって難易度は高く感じました。

遊び幅の狭さ

本作にはフィールドとダンジョンを巡るストーリーモードしかありません。ダンジョン探索とボス戦もとても面白いと感じたので、ダンジョンとボス戦を繰り返す本家ネクロダンサー的なモードが欲しかったところです。

とはいえストーリーモードも慣れれば30~40分程度でクリア可能なので、「風来のシレン」のテーブルマウンテンTAのような遊び方は十分可能です。

※追記

24分台での全ダンジョン攻略+ゲームクリアを達成しました!

【ケイデンスオブハイラル】ストーリーモード攻略RTA25分切り! - A級機関