A級機関

ゲーム攻略メインのブログです。

MENU

【FE風花雪月】おすすめの兵種(クラス)と育成のポイント

ファイアーエムブレム風花雪月のおすすめの兵種(クラス)およびクラスチェンジを見据えた育成のポイントについての記事になります。

今作では武器レベルの成長速度に差はあるものの、従来作とは異なりどの兵種でも全ての武器を扱うことが可能です。(例:剣士で斧を装備)

そのため、最終的にどのクラスを目指すべきかで悩む方も多いのではないかと感じました。

結論から言うと、今作では物理職の場合、ブリガンド→上級職→ドラゴンマスターという流れがおすすめです。

それでは、クラス選択の理由等詳しい部分について解説していきます。

クラスチェンジを行うメリット

風花雪月でCCを行うメリットは、

・移動力の強化

・成長率の底上げ

この2点が大きいかと思います。

移動力に関しては、歩兵クラスの場合中級、上級職で+1、最上級職で+2されます。移動が上がれば単純に戦術の幅が広がることになるのでわかりやすい強化であるといえます。

次に成長率について。

そもそも成長率、クラス成長率についてよく分からないという方はこちらの記事を参照してください。

【FE風花雪月】成長率についての解説とおすすめの育成方針 - A級機関

海外の解析データを基に剣士(下級)、傭兵(中級)、ソードマスター(上級)、エピタフ(最上級)の成長率をまとめたものが下の表になります。

  HP 魔力 技  速さ 幸運 守備 魔防 魅力
剣士 10       5     -5 5
傭兵 20 5     5     -5 5
ソドマス 25 10     20     -5 5
エピタフ 20 10 10   -10 10     5

中級→上級へとCCするメリットが大きいことが理解できるかと思います。

ここで押さえておきたいポイントが、最上級職の成長率は微妙であるということです。

代償として成長率を落とす代わりに移動力を伸ばしたり、飛行や騎馬クラスにCCできたりすることが最上級職の魅力です。

 

おすすめの中級職

※下級職に関しては大して差がないので省略します。

最もおすすめしたいクラスはブリガンドです。

力+10の成長率が魅力なのはもちろん、兵種マスター時に習得する「鬼神の一撃」(自分から攻撃時に力+6)が素直にぶっ壊れ。

物理アタッカーとして育成するのであれば、ぜひ習得させておきたいスキルです。

速さを伸ばしたい場合は、シーフ、拳闘士が+10の成長率補正を得られるのでオススメです。女性であればペガサスナイトも。

弓職も強いので、最低1人はアーチャー→スナイパーを目指して育成するといいでしょう。

おすすめの上級職

中級職と比較するとかなり高い成長率が設定されているので、とにかくレベル20になったら何かしらの上級職にCCさせておきたいです。

中でも強力なクラスはソードマスター。力10、速さ20は強い。

ドラゴンナイトも力10守備5とそれなりの成長率を取りつつ、飛行ユニットにCCできるのでおすすめです。後述するドラゴンマスターにCCするための技能レベル稼ぎも兼ねることが出来ます。

風花雪月は広めのマップが多いので、弓が強いとはいえ機動力のある飛行ユニットは強いですね....

魔法職に関しては回復役であればビショップで止めておくのも一つの手です。

おすすめの最上級職

先述した通り成長率が微妙なので脳死でCCするのは危険です。

比較的まともな成長率のクラスは、

「ファルコンナイト」(H30力10速20魔防5魅10)※女性限定

「ドラゴンマスター」(H30力15魔-5速10守5魅5)

「ウォーマスター」(HP40力15速10魅5)※男性限定

あたりでしょうか。

機動力と力を活かして、一気に距離を詰めて敵をワンパン出来るドラゴンマスターがやはり強いと考えています。ここを見据えるならブリガンドで鬼神の一撃を取っておきたいです。

エピタフ、ボウナイトは特に成長率が終わっているのでソドマスやスナイパーからCCするのであればゲーム終盤が良いと思います。

女性キャラでビショップを使っていた場合はグレモリィにCCする前に一考の余地あり。回復量を取るならビショップのまま、多少の攻め手と移動力を取るならグレモリィにCCしましょう。